sTOKU.info

やっぱり選ばれるんだ「ソニーブラビア」

仕事ですので、毎日ソニーのテレビに囲まれ、ソニーのテレビの事ばかり考えていますので、

 

ブラビアの魅力は沢山知ってるつもりなんですが、

 

お客様との会話の中でよく、改めて教えて頂く事がございます。

 

4Kブラビア KJ-55X9300Cをお求めいただいたお客様にこの機種にした決め手は?とお尋ねしたら

 

「かっこいいから」です。

 

シンプルでなおかつ、とってもいい響き そーなんです かっちょいーんですブラビアは、知ってますけど

めちゃくちゃうれしいぞ

 

使い勝手や美しい画質そして音質など、ブラビアの特性をありとあらゆる部分をご説明しましたが、

 

見た目のよさでお選びいただいたブラビア ほんとうに大事な部分ですよね。

 

家族みんなの集まる大事な空間に設置するテレビです。

 

おうちの中でも、もっともこだわる場所であると思います。

 

そこに存在するテレビは、やっぱりカッコいいがいいに決まってます。

 

改めて実感させていただきました。

 

たしかにKJ-55X9300C の9300Cシリーズ 9400Cシリーズは量販店で展示してあっても、すぐに見つける事が出来ます。

その他のテレビは正直 どのメーカーでどの機種ってことは見分けがつきません。

 

X9300C

ウェッジの側面にはダーク系のミラー加工を施し存在感を抑えることで、液晶パネルを際立たせるデザインに。

また、背面パネルは革シボ加工により、上質なソファのような雰囲気を醸し出し、リビング空間との親和性を一層高めています。

そして、液晶パネルとスピーカーユニットを軽やかに支えるのが、アルミの鍛造によって強度と薄さを両立させたスタンド。

液晶パネルとスピーカーユニットとのバランスをとる計算され尽くした形状が、異なる要素の一体感を高めます。

WS000006

是非一度、量販店 あれだけ並んでいるテレビからカッコいいテレビを比較してみてください。

 

X9000C

極限まで削ぎ落とした板。

ソニー独自の「エッジ コーティング」技術により段差をなくしたフラットなパネルと、

新開発の高剛性素材を使用することでパネル構造の大幅な見直しを行い、最薄部約4.9mmという圧倒的な薄型化を実現。

スタンドは、アルミの押し出し加工により、薄型化と高い剛性を両立。極薄の液晶パネルにふさわしい軽やかな造形に仕上げました。

壁掛け時における壁との一体感に寄与しているのが、スリムになった背面パネル。

壁から画面までわずか約40mmという省スペースを実現するとともに、

革シボ加工を施すことで、360度どこから見ても美しい佇まいを追求しました。

WS000007

 

それぞれ使い方の違いでカッコいいも変わってきます。

 

ソニー特約店  カトー電器商会
CATO Online Shop

 

 

 

 






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア