sTOKU.info

WindowsのパソコンでAndroidのアプリ・ゲームをやる方法【Blue stacks】 [VAIO]

2014-2-17-DSC09277.JPG
↑VAIO Tap 11でAndroidを動かしてみました。

最近は、タブレットやスマホが登場して、パソコンの需要が下がっているなんていう記事もよく見ますが、

パソコンのほうが、タブレットやスマホよりスペックが断然上なので、パソコン上でもAndroidは動きます。

WindowsのパソコンでAndroid OSを使うには、直接Android OSをインストールする方法などがありますが、今回は、一番簡単だと思われる「Blue Stacks」というソフトを使ってAndroidを動かす方法を説明します。

実際にゲームを動かしてみた様子も動画撮影してみました。

お決まりの文句ですが、自己責任でお願いします。
また、書いてある通りにやったけれど、うまくいきませんといった類の質問には答えられません
それではどうぞ!

BlueStacks App Playerをインストールする

BlueStacks App Player(以下、BlueStacks)は、Windows上でAndroid OSをエミュレーションするソフトウェアです。
このソフトウェアを使うと、Windows上で、Android OSを動かすことが出来ます。

1.BlueStacksをダウンロードします。

Windowsの方は画面左のDOWNLOADから。
Macの方は画面右のDOWNLOADからダウンロードします。

公式ページ
http://www.bluestacks.com/

2.BlueStacksインストールします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックでインストールが始まります。

3.画面の指示に従いながら待つ。

2014-2-17-DSC09276.JPG

インストールが進んでいきます。

何とも投げやりな説明ですね(笑)
しかし、特別難しいことをする必要はないです。

インストールが完了しただけではGoogle Playでアプリをダウンロードすることは出来ません。
通常のAndroid端末と同じように、Googleアカウントを認証した後、Google Playからアプリを入れることが出来るようになります。

2014-2-17-DSC09279.JPG

インストールが完了してから、検索(ホーム画面左上の虫眼鏡マーク)でアプリを探すか、少し待つと、上記のようなGoogleアカウントの認証を求める画面が出ると思います。

Googleアカウント(Gmailアカウント)を持っていない方は、あらかじめ取得しておくか、その場で新しいアカウントを作ってください。

Windows上でAndroidが動きました。

2014-2-17-DSC09277.JPG

フルスクリーンモードです。
F11キーまたは、右下のボタンで、フルスクリーンモードとウィンドウモードが切り替わります。

まず日本語入力ソフトを入れる

インストールが完了して、Googleアカウントを認証した段階では、日本語入力は出来ません。
日本語を使いたい場合は、日本語入力ソフトを入れる必要があります。

日本語入力ソフトはいろいろありますが、今回は「Google 日本語入力」を使用しました。

設定や使い方などの詳しい説明は他のページに譲ります。
Google 日本語入力 設定、使い方 | LINEの使い方まとめやJuiceDefenderなど人気アプリの使い方を詳しく紹介 | スマホ情報は≪アンドロック≫

もっとAndroidタブレット風にする

Google Playからアプリをダウンロードしてインストールしたり、日本語入力もできるようになったと思いますが、ホーム画面をもう少しなんとかしたいなと思うところです(よね?)

味気ないホーム画面も、ランチャーソフトを使えば、よりAndroidタブレット風にすることが出来ます。

最初に「GO ランチャー EX」というアプリが有名なので入れてみましたが、今回使用したVAIO Tap 11とVAIO Duo 13では、どうもフリーズしてしまうので「Zeam Launcher」というアプリを入れなおすと、サクサク動きました。

Zeam Launcher

2014-2-17-WS000095.JPG
↑アイコンがなさ過ぎて殺風景ですね

インストールしただけでも、かなり使いやすいアプリですが、設定を変えることで、より好みのホーム画面にすることが出来ます。

説明が長くなるので、ここでも詳しいやり方は他のページに譲りますが、設定画面への行き方だけ説明しておきます。

まず、ホーム画面のツールバー?の縦に3つの点が並んだボタンを押します。
右から2番目に出てくる「Preferences」というボタンから設定画面を呼び出せます。

参考にしたページを載せておきます。
Androidのホームアプリケーション「Zeam Launcher」の使い方

ゲームをやってみた!

2014-2-17-DSC09288.JPG

パズドラをやろうと思ったのですが、Google Playでは、すでにランキング外だったので(移り変わりは早いですね・・・)、同じくガンホーのサモンズボードというゲームをインストールしてやってみました。

結論からいうと、かなりサクサク動きますし、音もしっかり鳴ります。
短時間しかやってませんが、不具合を感じることはありませんでした。

動画を撮影してみたので、良ければ確認してみてください。

ちなみに、ゲームの内容としては、どうぶつ将棋のような印象を受けました。

スマホ・タブレットよりも使いやすいところ

 

画面が大きい

画面が大きいタブレットでも、だいたい10インチくらいですが、パソコンはもっと画面が大きくなります。

ただ、解像度が低いPCだと、画質が少し粗くなってしまうかもしれません。

VAIO Duo 13とVAIO Tap 11は、どちらも1920×1080のフルHDなので、画質が荒くなった感じはしませんでした。

キーボード

画面上に表示されるキーボードではなく、物理キーボードを使用することができるので、文字入力が圧倒的に楽です。

ウィンドウモード

例えば、ゲームをしていても、ブラウザを起動して、簡単に攻略情報などを調べることができます。

タブレットより使いづらいところ

ゲームでよくあると思いますが、画面が縦向き固定だと、パソコンの画面では、横向きになってしまいます(笑)

VAIO Tap 11やVAIO Duo 13のようにタブレットになるパソコンなら問題ありませんが、デスクトップ型だと、困ると思います。
ちなみに、「Ctrl」+「Alt」+矢印キー(画面の向きが変わります。)では解決しませんでした。

調べたところ、BlueStacksの画面サイズを変更する方法はあるそうですが、レジストリをいじるようなので、ここでは割愛します。

「BlueStacks 画面 サイズ」で検索すれば、やり方は見つかると思いますが、何度もいうように自己責任でお願いします。

パソコンのメモリについて

いいとこづくめに思えるBlueStacksですが、それなりにメモリを消費します。

今回試したVAIO Tap 11とVAIO Duo 13では、Blue Stacksはどちらの機種でも約800MB~1GBほどメモリを使っていました。

BlueStacks使用前

2014-2-17-WS000091.JPG

メモリ使用量は2.9GBです。

BlueStacks使用中

2014-2-17-WS000092.JPG

メモリ使用量は3.9GBになっています。

メモリが少ないと、動作が遅くなったり、プログラムやパソコン本体がフリーズしたりします。

VAIO Tap 11のメモリは、約2GBのモデルだったので、かなりカツカツな印象でした。
目安としては、メモリーが4GB、出来れば8GB以上あると良いと思います。

くれぐれも自己責任でお願いします。

Androidを動かすのにオススメのVAIOランキング

Androidを動かすのによさそうなVAIOをオススメ順に並べました。

紹介するVAIOは、どれもタブレット状に変形することができて、さらにタッチに対応しています。

軽さということでいえば、VAIO Proシリーズですが、縦向きに使いづらいので、今回はランク外です。

1位 VAIO Tap 11

一番タブレットに近く、軽くて持ち運びに便利ということで1位です。
キーボードも打ちやすいです。

ただ、メモリが2GBでは、今回の方法は辛かったので、4GB以上を選択してください。

VAIO Tap 11のレビュー記事です。参考にどうぞ。

vaio-tap-11250.PNG 価格:119800円~
価格はキャンペーンなどで
変動します。
現在の価格はソニーストアで
ご確認ください。
VAIO Tap 11の価格を確認する
VAIO Tap 11の詳細・製品情報
VAIO Tap 11のスペック表

2位 VAIO Fit 13A

13インチのモデルで画面が大きく、綺麗なのがポイントです。
ビューモードを使えば、無理やり縦置きを実現させることも出来ます(笑)

縦置きの様子はこちらです。

vaio-fit-13a.PNG 価格:129800円~
価格はキャンペーンなどで
変動します。
現在の価格はソニーストアで
ご確認ください。
VAIO Fit 13Aの価格を確認する
VAIO Fit 13Aの詳細・製品情報
VAIO Fit 13Aのスペック表

3位 VAIO Duo 13

タブレットもパソコンも、1台で済ませるということを考えると、かなり高スペックな構成を選べるVAIO Duo 13が良いと思います。

ただ、画面の角度を変えることができないので、3位ということにしました。

VAIO Duo 13のレビュー記事です。参考にしてください。

vaio-duo-13.PNG 価格:153800円~
価格はキャンペーンなどで
変動します。
現在の価格はソニーストアで
ご確認ください。
VAIO Duo 13の価格を確認する
VAIO Duo 13の詳細・製品情報
VAIO Duo 13のスペック表

VAIOがあれば、タブレットは必要あろうか?(いや、ない)
では、Xperia Z Ultraはいらないのか?(いや、欲しい)

人の心は難しいものですね(いや、やかましいわ)






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア