sTOKU.info

Lシリーズをセカンドディスプレイとして使ってみた。

みなさん普段はどんなパソコンを使っていますか? デスクトップ? ボード? ノート? モバイル? Ultrabook?
結構多種多様なPCが各社で販売されていますよね。 今回はVAIO Lシリーズ SVL2412AJをセカンドディスプレイとして使ってみようと思います。 DSC05207.JPGアンカー
VAIO LシリーズにはほかのVAIOにはないものがついているのを知っていますか? それはHDMIの「入力」です。 普通ノートにもHDMIには対応しているのですけど、それらはほとんどの場合「出力」端子なわけです。 もちろん出力ではPCに外部からの映像を表示させることはできません。 USBを使っての方法はあるんですけど、今回はそれについては触れません。


さてこのLシリーズにはHDMIの出力、入力どちらもあります。 そして今回使うのは入力です。 DSC05202.JPG

INPUTと書かれているほうですね。 OUTPUTに接続してもダメですよ! そして今回接続させてみたのはVAIO Zシリーズ DSC05203.JPG

新商品発表会でのプレゼンでソニーの社員さんがこぞって使ってたという一品。 確かに現行モデルのどれよりも軽い! それに加えて高性能だから持ち運びには最適。 そしてわすれちゃ ダメなのがHDMIケーブル。 DSC05205.JPG

お店に余ってたのを借りました。 基本どんなHDMIケーブルでもいい大丈夫なはずです。
そしてこれをVAIO ZにとLのINPUTに取り付けます。 DSC05204.JPG DSC05206.JPG

まずLシリーズの横についているINPUTというボタンで画面表示切替を行います。 DSC05208.JPG

これをHDMIに合わせてください。

DSC05222.JPG

これでLシリーズ側の準備はOKです。
そしたらZのほうでコントロールパネルからディスプレイの解像度の設定画面を出します。 ここでうまくLシリーズが認識されていたらこの画面になります。 DSC05209.JPG

認識されない場合はケーブルを一度抜いてみたりして様子をみてみてください。
そして複数のディスプレイの選択肢にPCのみ、複製、拡張、セカンドスクリーンのみの4つがあるので拡張を選びます。 そしたらZのディスプレイとLのディスプレイがつながるので広くなります。 ちなみにこの設定はWindwosキー+Pでも可能です。

DSC05210.JPG
ZはWindows7なので次はWindows8搭載のVAIO Duo11をつなげてみましょう。 DSC05212.JPG
手順はさっきのZシリーズと同じです。 つながったらWindwos+Pを押ストこの画面が出ます。 DSC05213.JPG

セカンドスクリーンを選択します。 そうしてつながったのがこちらです。 DSC05214.JPG

どうやらつながったら最初はModern画面とデスクトップ画面になるようです。 でもデスクトップにすればちゃんとつながってます。 DSC05215.JPG

ここで面白い発見をしたんですけど、どうやらDuo11のジャイロセンサーがちゃんと働いているようで、Duo11を盾にするとLの表示も盾になるみたいですねw

DSC05217.JPG
ちなみにLシリーズに付属しているマウスとキーボードの受信機をZシリーズやDuo11の本体にさせばマウスとキーボードが使えるようになります。 DSC05218.JPG
そしてZやDuo11の設定で閉じた状態の設定を何もしないに変更し、さらにセカンドディスプレイの設定をセカンドスクリーンのみにすればZやDuo11のスペックで画面はLシリーズの24インチという使い方ができます。 設定は以下の通り↓ まずはコントロールパネルのシステムとセキュリティを選択 DSC05225.JPG

電源オプションを選択

DSC05226.JPG

間バーを閉じたときの動作を選択

DSC05227.JPG

バッテリ駆動と電源駆動の部分を何もしないに変更

DSC05228.JPG DSC05229.JPG

こうすれば閉じた状態でも画面は表示され続けます。

DSC05219.JPG

そしてマウスもキーボードも使えるから全くLシリーズの使い心地とほとんど差はないです。 え、だったらLシリーズ使ってればいいじゃん! まぁ確かにそれはありますねwwww でもなにが言いたいかっていうと、この方法は市販のディスプレイでも同じことができるということです。 たとえば24インチのそうですね、三菱電機のディスプレイを買ってきたとしましょう。 そして上記の操作をしてやればあっという間にデスクトップに近いPCに早変わりするんです。 確かにノートは持ち運びには便利ですけど、家で使おうと思ったら画面の大きさが物足りなかったりします。 こうゆう時に今回のこの方法を使えば大きいディスプレイで快適に作業を進めることができるのです。 また本来の使用方法の通りデュアルディスプレイにすればいちいちウィンドウを閉じたり開いたりしなくても、片方に情報源のサイトを開いて、もう片方に書き込むアプリを開けば作業もとても捗ります。 卒論やレポートを書いた時にはかなり捗りました。 いまだったらブログ作成に役立ちますね。 DSC05230.JPG

片方にソニーのページを表示させて、もう片方にブログ作成のページといった感じです。
まぁこんなかんじで結構便利なものなので、もし余っているディスプレイがあったら一度試してみてください。 ちなみに市販のディスプレイならたいていVGA接続も可能なので、HDMIが対応していないPCでも簡単に接続できます。 こんな感じのD-subというケーブルで接続できます。 DSC05231.JPG

ただこの場合、HDMIと違って音声は出力できないので注意が必要です。
ちなみに同じ方法でPS3も接続してゲームもすることができるので、おススメですよ!
どうでしたか? みなさんのデジタルライフの参考になればいいなと思います。
VAIOはこちらから↓

VAIO owner made.jpg






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア