sTOKU.info

VAIO Pro 11/13 どえりゃーレビュー【2013年秋冬モデル改訂版】

2013-07-14-WS000000.JPG

2013年秋冬モデルのVAIO Pro 11/13のレビュー記事です。
こちらの記事は、2013年夏モデルのVAIO Pro 11/13のレビュー記事をもとに書きました。

2013年夏モデルのレビューはこちらを参考にしてください。

VAIO Pro 13/11 どえりゃーレビュー

目次

1.VAIO Pro 13/11のポイント

2.世界最軽量モバイルノート

3.長時間のタイピングでも疲れにくい設計

4.高精細なディスプレイ

5.ロングバッテリー

6.背面にもVAIOのロゴが

7.CPUとかSSDとか

8.その他

9.ブログ管理人の声

1.VAIO Pro 13/11のポイント

1-1.VAIO Pro 13/11シリーズの写真

まずは、写真をどうぞ!
DSC05340.PNG

出荷時は、タッチパッドにNFCのシールが貼ってあります。 NFCはタッチパッドの下にあるということです。
2013-07-14-DSC05554.JPG
左がVAIO Pro 11、右がVAIO Pro 13(red edition)です。
DSC05334.PNG

端子類です。右側面にSDカードスロットがあるので、VAIO Pro 13です。 ちなみに、VAIO Pro 11のSDカードスロットは、正面にあります。
2013-07-14-DSC05553.JPG
キーボードが奥から手前に向けて少し低くなっているのがわかっていただけるでしょうか?

この傾斜により、長時間キーボードを使用した時、手首が疲れにくい形状になっています。

1-2.VAIO Pro13/11シリーズ、3つのポイント

・軽い、剛性が高い ・打ちやすくて疲れにくいキーボード ・高精細なディスプレイ
順に、詳しく見ていきます。

2.世界最軽量モバイルノート

パソコンとしては、とても軽いのでバックに入れて持ち運んでも、そこまで重くありません。
というのも素材がカーボンが使われています。 しかも一般的なカーボンではなく、東レ製のUDカーボンが使われています。 要するに、普通のカーボンよりも軽くて強いということです(笑)
2013-07-01-WS000139.JPG
VAIO Pro 11 タッチ有り 約870g←世界最軽量!(発売時) タッチなし 約770g
VAIO Pro 13 タッチ有り 約1060g←世界最軽量!(発売時)

2-1.他社PCとの重量比較

13インチのモデルは、NECが2013年11月21日(つまり今日)発売のLavie Zがかなり軽いみたいです。

タッチ搭載で約964g タッチ非搭載で約795gのようです。
相手は最新機種なので軽さ対決では負けてしまいました。 敵(?)ながらあっぱれといったところでしょうか。
ただ、ソニーのパソコンは、様々な製品を手掛けることで培われた技術(具体的には、高画質、高音質)と、 他のソニー製品(nasneやブルーレイディスクレコーダー、ウォークマン、サイバーショットなど)との連携にも大きな魅力があると思います。

他に人気のあるモバイルノートといえば、アップル社のMacBook Airがありますが、 MacBook Air 11インチ 約1080g
MacBook Air 13インチ 約1350g
と、それぞれ約200g~300g程度VAIO Proシリーズのほうが軽いです。 約缶コーヒー1缶分の違いですね。

さて、軽いということは、薄いということです!(笑)

VAIO Pro 11(タッチ非搭載)

最薄部:約11.8mm 最厚部:約15.8mm

VAIO Pro 13

最薄部:約12.8mm 最厚部:約17.2mm
と、とても薄くなっています! 薄いほうがカバンに入れて持ち運びやすいというのはあると思います。

3.キーボードの工夫

2013-06-10-WS000103.JPG
キーピッチが広めに、キーストロークが深めに設定されています。
キーピッチは、キーとキーの幅、つまり、キーボードのキーの大きさのことです。

広いほうが疲れにくいといわれています。
キーストロークとは、キーを押したときに、押し込める深さのことです。 ある程度深いほうが打ちやすいといわれています。
VAIO Pro 11/13シリーズは、厚みも薄く作られているのですが、キーストロークは約1.35mm確保されています。
さらに、机と段差が少なくなるように設計されたパームレストにより、手のひらや手首にかかる負担が小さくなりました。
これらの工夫により、VAIO Pro 11/13シリーズのキーボードは、打ちやすく、疲れにくくなっています。
また、VAIO Pro 11/13シリーズにはキーボードバックライトが搭載されています。 暗いところでも本体やキーボードがよくわかるようになっています。

4.鮮やかな液晶パネル

VAIO Duo 13などと同様、ブラビアの技術がふんだんに使われています。

4-1.Full HD

2013-06-10-WS000106.JPG
VAIO Proは1920×1080の高解像度です。 解像度が高いということは、同じ画面の大きさでも、

よりはっきりと表現されるということです。 また、1つの画面に表示できる情報量が多くなります。

4-2.トリルミナスディスプレイ for mobile

2013-06-10-WS000107.JPG
ブラビアの技術がVAIOにも! 表現できる色域が広いので、画質が全然違います。
ソニーストアにブラビアを見に行ったときに、比べてあったのをみましたが、並べると一目瞭然です。 こんなに違うのかと驚きました。

4-3.集光バックライト

バックライトの光の向きを制御することで、光が拡散しないようにする技術です。 少ない電力でも明るく見えるようになっています。 省エネですね。

4-4.IPS方式のディスプレイ

広視野角のディスプレイです。 見れる角度が広いです。

4-5.X-Reality for mobile

ソニー独自の画質にかかわる技術です。 公式ページからの引用です。

ソニー独自の超解像技術により、それぞれの画像を分析することで、

インターネット動画のような、デジタル圧縮により失われたデータを再構築することで、高画質な映像をお楽しみいただけます。

http://www.sony.jp/vaio/solution/hq/index.html#hqv07

5.ロングバッテリー

内蔵バッテリーだけでも、VAIO Pro 13は約13時間、VAIO Pro 11は約11時間駆動します。

新幹線はもちろん、飛行機でもバッテリーが持ちそうですね。
さらに、USB給電に対応したUSB端子が1つあるので、他の機器に給電できます。
Windows 8.1にアップデートすると、USB給電が出来なくなる場合があるそうです。

対応策についても下記の公式ページに書かれているので、お困りの方は参考にしてみてください。
「Windows 8.1」を搭載したPCでのUSB充電についてのお知らせ
2013-07-14-DSC05556.JPG

↑拡張バッテリー
こちらの拡張バッテリーをつけると、VAIO Pro 13は約26時間、VAIO Pro 11は約23時間使えるようになります。
VAIO Pro と同時購入出来ます。
これなら、1回の充電で、1日中使えますね。

6.背面にもVAIOのロゴが

2013-06-10-WS000110.JPG
シールや、ラベルが最低限に抑えられ、吸入口と排気口も背面からなくなりました。
ソニーはデザインこだわっているなという感じです。 持ち運ぶときに、背面も気になりません。

7.CPUとかSSDとか

2013-06-10-WS000104.JPG
プロセッサーは、Intel第4世代Coreプロセッサー「Haswell」の超低電圧版。 消費電力が抑えられたことが、電池のスタミナにつながりました。
VAIO Pro 13では、通常のSSD(SATA方式)よりも約2倍速い、ハイスピードSSD(PCIe方式)が選択可能です。
言っておきますが、通常のSSDでも十二分に早いです。 その2倍となるとどれだけ早いのか・・・。

8.その他

8-1.NFC対応

もちろん、NFCにも対応しています。 NFCは、ICカードなどに使われている近距離無線技術のことです。
最近、対応した機器が増えてきているので、 連携させることで、便利に使うことができます。
NFCに関してはこちらの記事で実際に使った様子を書きましたのでどうぞ!

VAIO FitシリーズでNFCを試してみる in ソニーストア名古屋

8-2.red edition

また、VAIO Pro 11/13シリーズには、red editionも存在します。

red editionは深紅のカラーリングをされた特別モデルです。 red editon購入者限定のサポートを受けることができます。
red editionについては、こちらの記事にまとめました。

真紅のVAIO。red editionが登場しました!

8-3.残価設定クレジット

VAIO Pro 11/13シリーズは、残価設定クレジットを使用して購入することもできます。 頻繁に買い替える方には、

かなりオススメの買い方になっています。
残価設定クレジットについては、こちらの記事をご覧ください!

VAIOの新しい買い方!残価設定クレジット!

WS000070.JPG
VAIO Pro 13のスペック表
VAIO Pro 13の購入・検討はこちら
WS000071.JPG
VAIO Pro 11のスペック表
VAIO Pro 11の購入・検討はこちら

VAIO Pro 11/13の個人的評価とか

VAIO Pro 11/13シリーズは、ソニーのパソコン、VAIOシリーズのひとつです。
VAIO Pro 11/13シリーズは、長時間の使用を念頭に置かれた製品です。

内蔵バッテリーだけで、VAIO Pro 13は約13時間。VAIO Pro 11は約11時間の使用が可能です。

さらに、拡張バッテリーを使用すれば、20時間以上使えます。
またパソコンが長時間駆動ということで、長時間キーボードをタイプしても疲れにくいような工夫がされています。
喫茶店や出張先、飛行機や新幹線での移動中など、使う場所を選びません。
VAIO Pro 11/13シリーズは、Xperia Tablet Zなどのタブレット端末では出来ない作業をすることができます。

エクセルやワード、パワーポイントなどの表計算ソフト、文章作成ソフト、プレゼンソフトなど、

タブレットでは使えないソフトを使って作業することができます。
自分が初めてVAIO Pro 11/13シリーズをソニーストア名古屋で持った時は、思わず「軽っ!」と口に出して言ってしまったほど軽いです(笑)
ご購入に際しては、パーツの構成を選ぶことができる、ソニーストアでの購入がお勧めです。 内容を拡張したメーカー保証である、ワイド保証を選ぶこともできます。
特にVAIO Pro 13では、ハイスピードSSDを選択できます。

また、VAIO Pro 11では、タッチパネルなしを選択することで約770gというとんでもない軽さを実現できます。

思わず「軽っ!」と口に出してしまうかもしれません(笑)
VAIO Pro 11/13シリーズには、速配モデルといって、注文した当日、または次営業日に出荷してもらうことができる構成もあります。

すでに、売れ筋の構成が用意されているので、迷われる方は、速配モデルの中から選ぶのもいいと思います。
家電量販店で買うよりも、選択肢は多いです。
ビジネスパーソンの方を中心にぜひお勧めしたいシリーズです。

2013年夏モデルとの比較

2013年夏モデルと比べると、CPUの選択肢が増えたため、金額の調整が容易になりました。

例えば、セカンドPCとして考えている場合は、CPUの値段を抑えた構成の選択が可能ということです。
さらにVAIO Pro 11はメモリーの搭載量も4GB一択だったのが、8GBも選べるようになりました。

VAIO Pro 11/13は後からメモリー増設が出来ないので、余裕があるなら、メモリーを多めにするのもありだと思います。

WS000070.JPG
VAIO Pro 13のスペック表
VAIO Pro 13の購入・検討はこちら
WS000071.JPG
VAIO Pro 11のスペック表
VAIO Pro 11の購入・検討はこちら

関連記事

VAIO Duo 13 どえりゃーレビュー【2013年秋冬モデル改訂版】
VAIO Fit Eシリーズ どえりゃーレビュー【2013年秋冬モデル改訂版】
VAIO Fitシリーズ どえりゃーレビュー
Xperia Tablet Z どえりゃーレビュー






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア