sTOKU.info

VAIO2013年秋冬モデル一挙登場(タブレット編)

ソニーのVAIOシリーズが一新されて2013年秋冬モデルとしてラインナップが出そろいました。

前回のシリーズ群を基本的には踏襲した形になっていますが内容は更に充実しています。 特に、Windows8の特徴である、PCとタブレットの良いところを併せ持ったモデルについて、紹介したいと思います。

VAIO Duo13

VaioDUO13.jpg

昨年から登場したDuoスタイルは、タブレット状態から、パネルをスライドさせると、チルトアップして、一般的なノートPC状態になります。

この時、後ろを見ますとステイ状の板で支えられているのが判ります。 VAIO Duo 11では、横幅一杯の支えがありましたが、

今回は数センチ幅の小さな板が背面を支えるようになっています。 いずれも、VAIOロゴが入っており、普通のコンピュータのように、裏面だから気を抜きましたという感じではありません。

後ろもデザインの一部であると主張しているように見えます。 特徴は色々ありますが、一番を選ぶなら、バッテリー駆動時間の驚異的な長さです。

カタログ値は、18.5時間とあります。これは、まるまる一日仕事場で使ってもまだ家に帰ってそのまま使える長さです。

(夜寝る時に充電すれば、毎日同じように使える事になります。) CPUがIntel 第4世代Coreプロセッサーを搭載し、記憶装置としてSSDが搭載されていますので、これを実現できていると思われますが、

それにしても凄い使用可能時間です。 この商品の特徴は、タブレット+PCですから、仕事場でのコンピューティングと、 外出中あるいは家等でのエンターテイメント両方を切れ目なく、

しかもモバイル機器の生命線である電源を供給できる優れものです。 ついでというと失礼ですが、スタイラスペン操作も快適です。

タブレット状態ですとマウスを使う事は難しいですが、プレゼン中に書き込みをする等、 キーボードとマウスの穴を見事に埋めてくれます。

関連記事

VAIO Duo 13の秋冬モデルのレビューはこちらです。

VAIO Duo 13 どえりゃーレビュー【2013年秋冬モデル改訂版】

VAIO Fit 13A

2013年夏モデルはVAIO Fitシリーズの15/14の2サイズはありましたが、13インチサイズのモデルはVAIO Duo 13とVAIO Pro 13だけでした。

2013秋冬モデルでは13インチにVAIO Fit 13Aが追加されました。 通常のノートPCのようなパネル開閉機構に加えて、 タブレットとして使用できるように、

パネルを開いた状態でキーボードの上に重ねる事ができます。 (文章で書くと難しいですね・・・このギミックさは、

やはり実際に動かしてみないことには、実感できません。) 13Aをご紹介したかったのは、14,15インチもあるものの、やはりタブレット使用を考えた時には、13インチが最適ではないかと思ったからです

VAIOFIT13A.jpg

営業の方等は、お客様に画面を見ていただくケースも多いかと思いますが、 パネルを本体ごと向きを変えるよりも、

このVAIOはパネルを前方下向きに立てる事ができるので、 2-3名でのプレゼン等に最適です。(これも文章では、説明が難しいですね。。)

VAIO DuoシリーズやVAIO Tap 11などと同様に、タブレット使用時はマウスではなく、タッチパネルを直接指でなぞるかスタイラスペンを使用できます。

残念ながらペンは別売のようですが、ビジネスシーンを考えますと、プレゼン中に書き込みを行いたい場面はかなり多いと思います。

ここは少しだけ奮発して、ペンを持ち歩いていただきたいと思います(笑) 細かいですが、本体仕様を選ぶ画面で選択したほうが、

後から購入するより安かったりします。

VAIO Tap11と21

Tapシリーズは、2013夏モデルはTap 20のみでした。 今回は、Tap 11とTap 21にラインナップを広げています。

しかし、これは単純にモデルを増やしただけではないと思います。 まず、Tap 21に関しては、従来の20から1インチ画面サイズを広げただけですが、当然細かい工夫はされています。

デザイン面ではスタイリッシュになった印象がありますが、間違えないように気を付けてください。

Tap 11の本体デザインは、Xperia Tablet Zにかなり似ていて高級感溢れるボディです。

しかしながらこれはVAIOですので、当然OSはWindowsで、Androidではありません。 パソコンとしても使えるコンセプトはしっかりと実現されています。 VAIOTAP11.jpg

まず、PCとして使う場合はワイヤレスのキーボードとスタイラスペンを使用します。 それにしてもこのキーボードは本当に薄いです。 4.1mmだそうです。 本体を装着して状態で14mmですから、持ち歩きも気軽です。 パネルはスタンドが背面に付いているので立てて使えます。

VAIOTAP11-Magnet.jpg

面白いのは、パネルとキーボードを重ねるとマグネットで接合する事です。 これだと、コネクター等を気にせずに、感覚的に重ね合わせる事ができます。

関連記事

VAIO Tap 11をソニーストア名古屋で触ってきました!その1

↑Tap 11がどんな機種なのか、つらつら書いています。

VAIO Tap 11をソニーストア名古屋で触ってきました!その2【写真編】

↑Tap 11の写真と解説です。

VAIO 2013秋冬モデルの全般的な特徴

CPUは、インテルCoreの新しい型名(Haswell)が使われています。 要は新しいということです(笑) Intel 第4世代Coreプロセッサー「Haswell」の進化を野球のピッチャーに例えると、毎バッター全力投球していたピッチャーが、だんだんバッターの能力を考えて、省エネ投球できるようになってきたということです(笑)←この表現で良いのか!?
2013年秋冬モデルも、VAIO Duo 13をのぞいて、OSはWindows 8を搭載した状態で出荷されます。

Windows 8ユーザーには、Windows 8.1への無償更新権があります。 スタートボタンを右クリックすると、いろいろなショートカットが現れるようになって、個人的には、便利になったと思います。 Windows 8.1のアップデートについてですが、ダウンロードなど結構な時間がかかるので、お気を付けください。

関連記事

自分のWindows 8.1へのアップデートの顛末はこちらの記事で紹介しました。

Windows 8.1にしようとして大変なことになりました・・・。

【解決編】Windows 8.1にしようとして大変なことになりました・・・。Part 2

タブレットだから実現可能なアプリ

VAIO-Inspiration.jpg

VAIO Inspiration Suite というアプリケーションが添付されています。

これは、タブレットだから使える事が顕著に活かされていると思います。 通常、写真を撮影する事はスマホでも当たり前にできますが、手書きの書類をデジタル化したいとか、

ホワイトボードの書き込みを残しておきたいと思った時に、 スキャナーとして取り込む事で、

例えば傾いた状態で撮っても後で、その歪みを自動矯正してくれます。 スタイラスペンが使えますので、取り込んだ写真、スキャンした画像、等に書き込みをしたり編集を行ったりと、実に気軽にできます。

これこそ、タブレット型だからこそできる事ですね。 CamScanner、VAIO Clip、VAIO paperというVAIO付属のソフトウェアが上記のような機能を支えてくれます。

もし付属されていなくても、Windows Storeからダウンロードできます。 お互いのツールはそれぞれ独立してはいますが、

操作に従って関連ツールが使えるようにしておくと、とっても便利です。

ギミックなパネル開閉は、店頭でも体験できますが、消費電力の部分は実際に使用してみないとなかなか判りません。

モデルによっても特徴色々で、どれが自分の要求にあっているのかをよく考えないと、色々目移りしそうです。
2013-06-22-WS000123.JPG

VAIO Duo 13のスペック表 VAIO Duo 13の詳細・購入
WS000070.JPG

VAIO Tap 11のスペック表 VAIO Tap 11の詳細・購入
WS000071.JPG

VAIO Fit 13Aのスペック表 VAIO Fit 13Aの詳細・購入






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア