sTOKU.info

VAIO OUTLET Zシリーズ春モデルでいいのあるんですよ

なんかいいネタないかなーとソニーストア内をぶらぶらしていたところVAIO OUTLETでZシリーズのいい構成があったので紹介しようと思います。
Z spring.jpgアンカー
ということでさっそく本題に移りたいと思います。 構成からですね。


OS Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1) Windows7はまだまだ現役です。 今このブログを書いているPCはWindows8のタッチパネル対応のものなんですけど、実際使っている機能はWindows7と同じものがほとんどです。 主にデスクトップモードでの使用が多いので、そこら辺はWindwos7と使い方はあまり変わってないので、まだまだ使えるということですね。
カラー シルバー 今回のこの構成だとシルバーになるようです。 個人的にはカーボンブラックが好みなんですけど、まぁシルバーでもカッコイイですね。
Power Media Dock なし これに関しては賛否両論分かれるところかと思います。 せっかく専用のドライブがあるのであればそれもほしいという人もいるだろうし、いや普通の外付けドライブで十分じゃ?っていう人もいるでしょう。 基本的に僕個人の使い方だとドライブは何かソフトをインストールするときくらいしか使わないようなイメージです。 あとあとでては来ますけど、解像度が1600×900と悪くはないですけど、なんせ13型なので画面が小さいです。 どうせ動画などを見るのであればせめて20型以上の画面で見たいと思ってしまうので、安い外付けドライブで対応させればいいかなと思いました。
プロセッサー Core i7-2640M(2.80GHz) Corei7という名だけでもう最高です。 今仕事のPCもCore i7ですけど、もうサクサクです。 家で使ってるPCがCore2 Duoなのでかなりその差はありますね。 大容量のデータを扱っている人はCore i7のものを使うのを断然おススメします。 特に一眼で撮影したものやハイビジョンで撮影した動画などを処理する場合はスペックが低いとかなりの時間を食ってしまいますからね。 しいて言えばクアッドコアものではなくデュアルコアというのが少し残念。 それでもノートPCの中では最高クラスのものには違いないです。
メモリー 8GB (4GBx2) Zシリーズで選択できるものの中では最大容量のメモリーになります。 メモリーの容量は大きいに越したことはないですね。 Core i7と8GBメモリーはもはや最強の組み合わせといってもいいと思います。 こんなハイスペックなPCがほしいです。
ディスプレイ 13.1型ワイド 1600×900ドット さっきも書いたように解像度は全く悪くはないです。 画面も13型と小さいのでフルHD対応じゃなくてもいいと思います。 もしこのZをメインのPCにするのであれば、家では20インチくらいの外部ディスプレイに接続してやるとでデスクトップ波のディスプレイで快適に操作することができると思います。 このZのスペックならデスクトップ相手でもそうそう負けないものですしね。 また外部ディスプレイはHDMI対応のものを購入すればケーブル一本で簡単に接続できるのでおススメです。 安いものだとおそらく1万円ちょっとで20インチくらいのものが帰るのでおススメですね。 そして持ち運ぶときはケーブルを抜いてどこへでも持ち運べるというわけですね。 Zはめちゃくちゃ軽いのでここで真価を発揮します。
ストレージ 第3世代SSD RAID約128GB 現行シリーズで使われているSSDよりも速いんじゃないかというくらい早いSSDです。 ただ容量が128GBと5年前くらいの標準くらいの容量しかないので、最低限のデータを入れて持ち運ぶことになるでしょう。 あとはSDカードやUSBメモリなどで不足分は補い、家でのデータ保存は大容量の外付けHDDとかをメインにして使うと内蔵ストレージへの圧迫も少ないんじゃないかなと思います。
無線WAN なし これはあとから無線WANカードを外付けすることもできるのでどうとでもなる部分ですね。 カードの取り外しなどのてまはありますけど、それくらいなので、無理に内蔵にする必要もありません。 またカードの紛失がということもありますけど、そもそもこれを紛失するのであればUSBメモリなどは到底持ち歩けないと思います笑
WIMAX+無線LAN WiMAX搭載 & IEEE 802.11 a/b/g/n(MIMO 2×2) WIMAXを搭載しているので契約をすれば対応エリアでどこでもインターネットにつなげることができます。 なので調べ物をしながらでも仕事などが外出先で可能になるわけですね。
ノイズキャンセリングイヤホン なし
指紋センサー なし
TPMセキュリティーチップ 搭載 これはセキュリティーをより強固なものへとするチップで、持ち歩くことが多い人にはぜひとも入れておいてほしいものです。
HDウェブカメラ なし
キーボード 英字配列 ちょっと慣れが必要になります。 ただ、とにかくかっこいいです笑
バックライトキーボード 搭載 あんまり暗がりで使ってると目が疲れるのでほどほどに
バッテリー 内蔵バッテリー 毎日しっかりバッテリーを使い切ってから充電するのがベストのようです。 もしくはZの場合補助バッテリーを購入して長持ちさせるのも手かもしれないです。
ワープロ・表計算ソフトウェア なし
PDFファイル作成ソフトウェア なし インターネットセキュリティソフトウェア ウイルスバスター2012クラウド90日期間限定版
動画静止画・音楽編集ソフトウェア Adobe Photoshop Elements 10(30日間体験版)&Adobe Premiere Elements 10(30日間体験版)
日本語入力システムソフトウェア ATOK 2011 for Windows(30日期間限定版)
ソフトウェアに関しては基本的に必要と思うものを各自で入れるのが一番いいでしょう。 ただウイルス対策だけは早いうちにしっかりしておいたほうがいいですね。 先日おこった遠隔操作のウイルスとかもありますし、ちょっと怠っただけで人生オワタなんてことになったら大変です。
いろいろ書いてきましたが、やはりZのようなノートPCはいろいろとデスクトップに劣る部分も多いです。

でも外付でいろいろ補助してやればデスクトップ並に充実したPCになりますし、何よりデスクトップではできない持ち運びもできるということで、やれることの幅は大きいように感じます。 今回思ったのが、ノートを外部ディスプレイにしてメインで使うのもアリだなーということです。 特にZみたいなハイスペックのPCならなおさらですね。 あとPower Media Docを使えば最大4つのディスプレイに出力ができる誰得仕様にもできるそうなので、Media docを選択するのもありだなと少し思いました。 ノートPCの中ではかなりいじりがいのあるものだと思うので、周辺機器をいろいろくっつけて試してみてください。
VAIOはこちらから↓

VAIO owner made.jpg






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア