sTOKU.info

VAIO Zシリーズ キャンペーンでストレージなどがだいぶお得です。

VAIO Zシリーズ(VPCZ23AJ)のストアキャンペーンなんですが、今回は最大35,000円お得になります。

z-top.jpg

今週のキャンペーン適用では、124,800円(税込)~スタートで
第3世代SSD RAIDの容量などを変更すると考えると、多分20ぐらいに
収まるのではないかと思いながら、シミュったりました。


アンカー
z-top-1.jpg
キャンペーン対象パーツは上記です。
対象パーツはやはり高品位モデルほど安くなっています。
あと今年の春モデルから新色のシルバーも選択できるようになっています。
z-top-2.jpg
全項目乗せきれなかったので分割します。まずはCPUなどのベースから。
それでは、各キャンペーン情報を確認していきますが、
まずPowerMediaDockのブルーレイ選択時に▲3,000円
それから、Core i7-2640M(2.80GHz)が通常より▲8,000円で
Core i5-2520M(2.50GHz)が通常より▲2,000円やすくなっている為
ハイパフォーマンスなi7を選択しやすくなっています。
メモリーも8GBが▲8,000円。オンボードで増設不可なので
この際、8GBを選択したほうが良いと思います。
次にディスプレイはFull HD 1080 1920×1080ドットAdobe RGB 96%が通常より▲3,000円
ということで、1600×900と比較すると2,000円高くなるだけですので
Full HDとRGB96%で美しいディスプレイを搭載させるほうが間違いなくお得です。

ストレージの第三世代SSD RAIDについて
第3世代 SSD RAID 約512GBが通常より▲10,000円
第3世代 SSD RAID 約256GBが通常より▲ 8,000円
ということなんですが、正直512GBのほうは▲10,000円でも
256GBより48,000円も高くなってしまうので、256GBを選択が無難かと。
今回のシミュレーションした価格だと235,780円(税込)という事になっています。
それから上記のシミュ内容以外のソフトウェアに関しても
ウィルスバスター15ヶ月版とオフィス ホーム&ビジネスを選択しています。
キャンペーン以外で上記スペックだと計算したら35,500円ほどお得になっています。
ウィルスバスターやオフィスも含まれています。
ちなみに第三世代SSDの512GBを選択すると、上記構成から選択すると
まだ30万には行かないので、逆にSSD512GBを選択しやすいっちゃしやすいかと。
Zシリーズはやっぱりシミュっていけばいくほど、価格がどーんと上がるので
そもそも235,780円(税込)というのもお得には違いないです。

Zシリーズ ”ブラック” VPCZ23AJ

DSC03737.jpg DSC03738.jpg
DSC03739.jpg DSC03740.jpg
DSC03741.jpg DSC03742.jpg
DSC03744.jpg DSC03745.jpg
Zシリーズ.jpg

・VAIO で Adobe CS5.5 を搭載させるなら・・・
・本体購入前にシミュレートOK!アクセサリーの組み合わせも重要です。
・モバイルするなら VAIO ZシリーズとSAシリーズで悩む・・・
・VPCZ21*(VAIO Zシリーズ) 最新BIOSへアップデートしました
・Zシリーズ 無線LANドライバー アップデートについて
・VAIO Zシリーズ 春モデルの新色
・VAIO 分解レビュー (Zシリーズ VPCZ2*)
・VAIO ZシリーズでDVDオーサリング!
・新Zシリーズ VPCZ22AJ のアップデート話。
・VAIO Zシリーズ 最新CPUでもお得!
・VAIO Zシリーズ 最新CPUが選択可能に!
・パワーメディアドッグ の内臓部 公開!
・Zシリーズ ディスプレイを拡張してみた!
・Zシリーズ 体感レビュー スピーカーの音質
・Zシリーズ 発売開始!
・Zシリーズ 体感レビュー
・Zシリーズのバッテリー性能とは?
・ベンチマークからみる新型Zシリーズ
・ZシリーズとSAシリーズ それぞれの良さ
・新型Zシリーズを持ち出して、ランチへGO!!
・2011 Zシリーズ夏モデル 開封レビュー♪
・Zシリーズ 2つのスタイル
・起動時間 1分未満という速さを実現!
・Power Media Dockについて
・新型Zシリーズ ソニーストア名古屋にて
新Zシリーズ絡みのお話
・お待たせしました!新型Zシリーズ 公式発表!
・ドイツから新型Zシリーズ

各シリーズ お勧めシミュレートは以下

・VAIO Eシリーズ 17.3型モデルの映像コンテンツやゲームを楽しむ構成 案外向いてるじゃ・・・?!
・VAIO Yシリーズ ドライブなくても十分使える仕様なんです・・・
・VAIO Jシリーズ かなり安価で1台3役を構成することができます。
・VAIO S(SA)シリーズ プレミアムなモバイルスペックを実現
・VAIO S(SB)シリーズ 適度なモビリティーと安心価格を提供します
・VAIO Lシリーズ TV + BDレコーダー + PC を予算約20万円で全部搭載できます
・VAIO Zシリーズ 機動性の高い仕様かつ価格を抑えた構成を考えてみる
・VAIO Fシリーズ 据え置きノートでより安価で最上級のスペックを目指してみます!
・VAIO Cシリーズ ブルーレイドライブにオフィス・ウィルスバスターなどもついて10万切ります。
・VAIO S(SE)シリーズ 色々な環境に合わせたシミュレート





ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア