sTOKU.info

いよいよ発売!VAIO Tap20開封レビュー 

店頭にTap 20が届いたということでさっそくいつものように開封レビューをしてみました。 ではご覧ください^^
DSC05184.JPGアンカー
さてこのTap 20ですけども箱の大きさはE17のノートの箱よりも少し大きいかなという感じでした。 箱の表面にはデザインが描かれていました。 本体重量が5㎏強あるので手提げ方式ではなく箱の横に手をかける穴が設けられています。

DSC05185.JPG
箱を上からあけるとすぐ発砲スチロールに出くわします。 このスチロールを取り上げるとすぐ本体に出会うことができます。 DSC05186.JPG DSC05187.JPG

本体の横に入ってる箱の中には付属アクセサリーが入っていて、キーボード、マウスなど必要なものが入っています。

 

DSC05188.JPG DSC05189.JPG

本体を詳しく見ていきましょう。 本体は今回はホワイトが店頭に来ましたがソニーストア限定でブラックも選択することができます。 そしてキーボード、マウスは今までのLシリーズのものと同等のもので助戸、本体カラーに合わせてホワイトになっています。 本体カラーがブラックならキーボード、マウスもブラックになるのかは確認できてません笑
裏側

DSC05190.JPG

スタンドがあります。 かなり自由な角度で置くことが可能です。
本体横

DSC05191.JPG

イヤホンジャック、マイクジャック、USBポートx2、SDカード/Duoスロットといったものがついていて、結構シンプルな作りになっています。
反対側

DSC05192.JPG

LAN接続と電源入力があります。
上部

DSC05193.JPG

ロックマークがついているボタンはローテーションロックボタンと言って勝手に画面を傾けたときに勝手に回るのを防ぐものです。 そのほかは今までのものと同じで電源、ボリューム調節、ASSISTボタンがあります。
実はこのTap 20の裏面のふたは簡単に開くようになっていて、べりべりっとはがすことができます。 DSC05194.JPG

凸型の部分にバッテリーをはめ込んでいきます。 簡単にはめることができます。

DSC05195.JPG

そしてTap20はメモリーとストレージの部分がねじ一本でふたをされているので簡単に見ることができます。 もし自分でメモリーを増設をする際は簡単にアクセスできるわけです。 ただこれをした場合メーカーからの保証の対象外になる可能性もあるので、すべて自己責任でお願いします。
DSC05196.JPG

全体的にかなりシンプルな設計になっているような気がします。 家族向けということもおそらくあると思うのですが、ついているボタンの数Lシリーズと比べたらかなり少ないです。 またこの前身のモデルであるJシリーズと比べてもよりシンプルになった感はありますね。 その分、外部出力も少なくなっていて、やはりどちらかといえばTabletに近い性質のようです。
最後に開封からセットアップまでをいつものように動画で撮影したのでよかったら見てください!!

ではAu revoir!!
Tap 20 4.jpg
他のVAIOはこちらから↓

VAIO owner made.jpg






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア