sTOKU.info

VAIO Lシリーズのタッチパネル楽しみ方

結構前から搭載されているLシリーズのタッチパネル機能。
もはやLシリーズと言えば・・・な機能なんですが、まじまじと触った事が
無かったので、今一度Lシリーズのタッチパネルで遊んでみました。

DSC03424.jpg

VAIOタッチポータルというソフトを起動すると、
タッチパネル向けのソフトウェアが並べられて
どういうソフトが何をするためにあるのか?というのが
スグに分かって非常に使いやすいかと思います。

アンカーLシリーズのタッチパネル機能は基本的には、PCの基本動作や
ほとんどのソフトウェアでタッチ操作は可能になっています。
前に記事にした今年の春モデルから新規搭載ソフトの
「Imagination Studio VAIO Edition」の各ソフトもタッチ操作で編集できます。

といっても、実際に使って感じるのは従来のマウス操作での編集ソフトなんかだと
編集スペースが密集しているので、タッチしづらいという現象は避けられませんでした・・・

のでタッチポータルの出番で、タッチパネル向けコンテンツから
Lシリーズのタッチパネルの楽しみ方を見出します。
DSC03425.jpg
ソフト自体もタッチ操作で横へのスライドでソフトを選択します。
今回はVAIOオリジナルソフトである
”Family Paint” について。

DSC03426.jpg
Family Paint は大きなラクガキ帳みたいなもので、
画面全体がラクガキスペース。
DSC03427.jpg
背景画像、スタンプ、マーカーなど多彩にラクガキなどを楽しめます。
どちらかというと、全体の雰囲気は親子で楽しむのに最適なソフトで
23歳の独身男性が一人で楽しくペイントするようなソフトではございませんw
と言いつつも・・・
DSC03429.jpg
やる気満々にいろいろと施してみました。

DSC03430.jpg
作業スペースは画像の枠内で、基本的は左側でスタンプやバケツツールによる
指定範囲全体の塗りつぶし、文字入力などを選択すると、
作業スペース下部分にスタンプの種類やバケツツールのカラー選択などができます。
そして右下のペン立てのところから、ペンの種類や消しゴムを選択して
下部分にてペンの色を指定して、あとは自由に書き書き。

上記画像では、少しスタンプを追加していますが、
基本的に、設置位置も指え動かしていって設置します
DSC03431.jpg
ラクガキスペースに置きたい画像をタッチしたまま移動させてもOKですし
設置したい場所に1回ポンっとタッチすれば、
DSC03433.jpg
大きさや角度を指定することもできます。
そのままでよかったり、大きさが決定した場合は、
真ん中のロックをタッチして設置が完了です。
そういった具合にいろいろと追加していくとこんな感じに。
DSC03434.jpg
全部スタンプです;絵心が若干?足りてないので無難に回避w;

文字入力は、設置させたい場所をタッチすればタッチキーボードが登場です。
DSC03435.jpg
DSC03436.jpg
でもまぁ、味を出すためには手書きに尽きるかも知れませんけど。
大体、左側の作業スペース内容はこんな感じですかね。
今回多分自分は、ありえないぐらい普通な使い方だと思いますが
やりようによっては、面白い作品をつくることもできるかと。

ではラスト、手書きペン~保存までどうぞ
手書きツールは鉛筆・クレヨン・マジック・星型ペンはスタンプのようなもの
DSC03437.jpg
ペンの種類・ペンの色を選択して、あとが自由に手で描くだけ。
DSC03439.jpg
ペンの太さの調節はペン立ての上にスライダーで調節できます。
DSC03441.jpg

DSC03438.jpg
上記画像は各種ペンの違いですが、
上からマジック・クレヨン・鉛筆になっています。
クレヨンがなんともいい感じにかすれていて味のある作品を作れそうです。
親子で楽しむにはもってこいな楽しいソフトです。
あと、24型ワイドで2人でラクガキしても全然余裕です。

このFamily Paintは基本的にラクガキと一緒で
今ここまで、作って間違えて背景画像を変更すると、
背景画像だけ変更っていう訳にはならず、全部を変更されてしまいます。
あとスタンプも一度確定するとその後操作できなくなるので
楽しみ方としてはこの
DSC03440.jpg
一つ前の手順に戻るボタンでミスは解消されると思います。

じゃああとは、完成品を画像として残すだけ。
ソフト画面右上の”のこす”を選択すれば保存完了なんですが、
保存先の場所は、初期設定だと
マイドキュメント⇒ArcSoft⇒FamilyPaint⇒保存した日付日にちのファイルになります。

DSC03442.jpg
JPEGファイルの1440×810で保存されます。
JPEGファイルなのでブログなどにも互換性は高いですから
もし共有しようと思っても大丈夫です。
ちなみに、上記画像の枠内の雲なんですが、
ペン立ての中の星型のペンを使うとこんな感じでスタンプ?
っぽく描くことができます。

メインメニューの”さくひん”を選択すると、過去に保存した画像が一覧で見ることができます。
DSC03448.jpg

DSC03449.jpg
まだ2枚しか作成していないので寂しい感じですけど、
もっと書けばアルバムのように管理できます。
下部分に注目してもらうとわかりますが
左下でメールやfacebookへ簡単にアップロードできて
右下からプリントができます。
右下の左アイコンは修正アイコンで一度保存したものを
編集しなおす事もできます。
要らなくなったのはゴミ箱へ・・・

こういった具合にタッチ操作で描く・管理するが楽しめるソフトです。
タッチで自由にペイントすることの楽しみを感じつつ、
親子で楽しめるソフトになっています。
お子さんの巨大なラクガキ帳にしちゃってください。

ソフトウェア詳細ページへ

---------------------------

 

↓↓↓ 搭載VAIO ↓↓↓

Lシリーズ.jpg

・VAIO 新規搭載ソフト 「DVD Architect Studio 5.0」
・2012春モデルから搭載できるソフトウェア「Imagination Studio VAIO Edition」
・Lシリーズ 2012春モデル 開封レビュー
・2011 夏VAIO Lシリーズ
・新型Lシリーズ レビュー
・新型 Lシリーズの新機能
・噂の新VAO 激撮。Lシリーズ。






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア