sTOKU.info

VAIO DUO11 を注文(シミュレーション)してみました 

image-121012-sonystore-NO2.jpg

おぉ!Windows8! 革新的なタイル配置!

さて、皆さん、新型VAIOを優先的に購入できる、エントリーってのしました?これはもう締め切られていますが、私はエントリーしましたので優先的に購入の機会が巡ってくるわけです。 早速、購入のページへと行って見ますと…、DUO11の買いたいオプションが選択できます。カスタムメードですね。

オプション選択はシミュレーションなので、選択したからといっていきなり買う必要はありません。右上に総額が出てきますが自動的に計算してくれます。 何が選択できるか、こっそりお教えしましょう。大きく本体仕様と付帯サービスに分かれます。私は以下のような構成を選びました(カッコ内)。
【本体仕様(付属アプリ選択も含む)】

        OS: Windows8かWindows Pro8か。どちらにしてもWindows8です。【Windows8】

  • CPU: Corei3~i7まで4種のどれか。第三世代です。早期購入で1万円引きの特典つき。せっかくのWin8、DUO11ですからね、私はi7で。【Core i7-3517U(1.90GHz)】
  • メモリ: 2Gから8Gの4種のどれか。もう時代はフツーに8Gだと思います。特に新型機、Win8なら当然かな。【8GB(4GB×2)】
  • ストレージ: SSD、64,128,256(GB)の3種。HDDではテラバイトの世界ですからSSDでも大きいほうが当然いい。256Gでも心配ですがHDDの選択オプションはないです。【SSD 約256GB】
  • WiMAX & 無線LAN: 「WiMAX & 無線LAN」のあるなしが選べます。私はWimax使いなので、ありのオプション【WiMAX搭載 & IEEE 802.11 b/g/n】
  • GPS: 地図上での自分の位置を知るには便利。でもGPSを利用した追跡アプリ(マルウェア)にでも引っかかったら自分の行動が世界の人に丸わかりなので私は選択せず。【なし】
  • TPM: TPMは、まぁハードウェアによる暗号化みたいなものです。本体のセキュリティがとても上がります。DUO11がモビという点からするとあったほうが断然安心です。【あり】
  • HDウェブカメラ: フロントだけか、+リアの2台仕様かの2種類のどちらか。個人的には1台あればwebChatでも事足りるかな。【1台仕様】
  • キーボード: 日本語、日本語かな文字なし、英字配列の3種のうちのどれか。私は伝統的にUSキーボード派。日本では珍しいかも。【英語配列】
  • バックライトキーボード: 暗いところで打つ必要のある人向けでしょうね。【なし】

あとはヘッドホン、液晶保護シート【これは付けましょう】、バッテリー、MS_Officeの選択、ウィルスバスターの選択、ATOKの選択、Adobeアプリの選択、PDF作成アプリの選択といったところ。 私はアプリ関係は特に必要ないと考えて購入しませんでした。

【付帯サービス】 付帯サービスには色々あります。長期保証サービス、メッセージ刻印サービス(社印なんかを印刷するもの)、VAIOおまかせ設定パック、ホームネットワークアシストプラン、キャンペーン応募。

ここを読んでるコアなVAIOファンの読者の皆様は付帯サービス系は必要ないのが多い、と思ったのでは? 私も必要だと思ったのは【長期保証サービス】ですかね。通常3年保証(無料)+破損、水濡れなどの保証が付くもの。 水濡れは注意ですね。

ということで総額がどうなったかといいますと…。171,780円(税込)!。をぉう、高くついてしまいました。 一応Duo11は99,800円から購入することができます。このシミュレーションは20日からどなたでも見られるようになりますので、触ってみるのはいかが?






ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア ソニーストア

メニュー



ソニーストア